nozawa-honda

千葉(船橋)のバイク屋 ノザワホンダ>ハーレーダビットソン インジェクションチューニング
ハーレーダビットソンのインジェクションチューニングメニュー


 

インジェクションチューニングとは

世の中は、空前のエコブームです。電気自動車や電動バイクが今話題になっていますが、 オートバイ業界のエコへの取り組みは1998年から始まっています。 環境に厳しいEU諸国から順にはじまり2006年に日本でも行うこととなりました。 その一例がFI(フューエルインジェクション)システムの導入です。 FIとは従来のキャブレターとは違いすべての燃料調整をECU(コンピュータ)が演算を行い 適正な量の燃料をエンジンに送りこむ電子制御の燃料噴射の事です。 このシステムはノーマルの車体に対してプログラムが組まれ、更に厳しい排気ガス規制や燃費、騒音規制などの環境問題に対応するため、 やや性能が抑えられたプログラムが組み込まれています。
日本仕様のハーレーが”ハーレーらしくない”と言われているのもこの要因でもあります。


当然のことながら、新車に搭載されたノーマルのエアークリーナー・マフラー・カムシャフトなどに合わせたデータがコンピューター内にプログラムされています。そのためエアークリーナーやマフラーを交換した場合、ノーマルのデータと大きくズレる可能性があります。

インジェクション車両はマフラーやエアクリーナー等を交換しても、それなりに走行出来てしまう特徴があります。
キャブレター車なら走行が難しくなっても、インジェクション車両は、吸排気のバランスが崩れても基本的に走行が可能です。
ただし、その状況が原因でエンジンがオーバーヒートしやすくなり、エンジン内部の消耗を早めてしまう原因になる可能性があります。最悪の場合はピストンやシリンダーに傷を付けてしまい、焼付く事にもなりかねません。

チューニングをすることによって

チューニングを行うことで、エンジンがベストな状態で走行出来るようになり、愛車に長く乗ることが可能になると同時に、ハーレー本来の鼓動やトルクが楽しめるようになります。この点も最近の新たな目的の一つとして注目されています。
しかし、どんなに優れた機械や設備を用いても、正しい環境で正しい知識をもった技術者がセッティングしなければ、 安全でかつ満足のいく設定が出来ていないのが現実です。 そこで、もっとたくさんの人にオートバイの持つ性能を存分に味わっていただきたいと考えた弊社は、お客様に安心かつご満足いただけるような設備と、国産車はじめハーレーダビットソンをセッティングする際に使用するシャーシダイナモの取扱講習をダイノジェット社日本総輸入元から受けることで、インジェクションチューニングの技術を提供できるご用意を致しました。
ダイノジェット認定ショップ

お問い合わせはバナーをクリック下さい