nozawa-honda
千葉(船橋)のバイク屋 ノザワホンダTOP>インジェクションセッティング(チューニング)
世の中は、空前のエコブームです。電気自動車や電動バイクが今話題になっていますが、
オートバイ業界のエコへの取り組みは1998年から始まっています。
環境に厳しいEU諸国から順にはじまり2006年に日本でも行うこととなりました。
その一例がFI(フューエルインジェクション)システムの導入です。
FIとは従来のキャブレターとは違いすべての燃料調整をECU(コンピュータ)が演算を行い
適正な量の燃料をエンジンに送りこむ電子制御の燃料噴射の事です。
このシステムはノーマルの車体に対してプログラムが組まれています
更に厳しい排気ガス規制や燃費、騒音規制などの環境問題に対応するため、
やや性能が抑えられたプログラムが組み込まれています。
そこで、例えば性能が優れたアフターパーツメーカーのマフラーに交換した場合、
どういう問題が起きてしまうと思われますか?
マフラーを変える事により吸気・燃焼・排気をセットで考えているプログラムの
バランスが崩れおかしくなる可能性が出て来ます。
そうなると・・・
こんな症状ありませんか
  • エンジンのフィーリングが大きく変わり、乗りづらくなった。
  • 黒煙が出るようになった。
  • 高い回転数で壊れそうな音がする。
  • 音だけで前に進んでいない感じがある。
こういう状態で長く乗り続ければ、大きなトラブルを起こす原因にも成りかねません。
トラブルに対応するには・・・
燃料を調整をする代表的な方法としてサブコンピューターをECUとの間に割り込ませる方法が
あります。割り込ませることにより燃料調整が可能になります。
弊社が使用しているサブコンピューターは、Dynojet社が全世界に販売している
Power Commander(パワーコマンダー)です。100機種以上のラインナップがあり、
全世界のインジェクション車両ユーザーに幅広く指示されている商品です。
そのため、ホンダ・ヤマハ・カワサキ・スズキ  国内4メーカーおよび一部外車も対応可能です。
(現在のパワーコマンダーのラインナップはこちらをクリック下さい。)
燃料調整をするには排気ガスから現在の空燃費(燃料と空気の割合)を正確にデータとして導き出し、
そのデータを見ながら燃料調整をしていきます。
(ご自分でやられる場合は 空燃費を図ることが出来るA/F計【空燃費計】が必要に なります。)
調整方法としてサブコンピューターのテーブルに各開度、回転数のマスに燃料噴射時間の
増減を行います。
その結果、キャブレターでは難しいと言われた、緻密な燃料調整が容易に出来るようになりました。
このような作業はオートバイを何度も走らせる必要があります。もちろん公道では出来ません。
スタッフの安全も考慮に入れなければならないとの判断より、ノザワホンダは シャーシダイナモの
導入に至りました。(平成24年よりノザワホンダはダイノジェット日本国内公認正規ディーラーです)
      (ダイナモ室が平成24年6月に完成いたしました。中はこんな感じです。)
      (実際にオートバイに乗り、走っている状況を作りながら行います)
    (エンジンを回転させながらデータを蓄積し、グラフを見ながらデータを補正します。)
青色のラインが調整前です。
(高回転時にトルクと馬力が落ち込んでいるのがお分かりでしょう。)
空燃費が安定していないのが原因です。 調整後が赤いライン
トルク、馬力ともに大きく変化し安定した曲線を描いています。
特に一般道を走行するにあたって重要視するアクセル開度は5%~20%位です。
マフラーを交換されて、ECUとのバランスが崩れてしまった場合には、
前に述べたような症状が起きてしまい期待とは裏腹に大変に乗りづらい乗り物に なってしまいます。
何か調子がおかしい」とお思いでしたら是非ご相談下さい。
また、弊社で車検点検などを受ける際にご希望であれば、
現状のエンジンの調子を測定する事も可能です。是非ご用命下さい。

サブコンピューター(パワーコマンダー)取付によるベースMAP作成料

¥54,000
(パワーコマンダー本体および取付料は別途かかります)